埋没法でたるみを解消

埋没法でたるみを解消

まぶたのたるみは、老け顔の原因の1つですよね。いろいろと改善方法はありますが、やはり1番効果的なのは、埋没法という手術です。埋没法では切らずにまぶたを二重にするので痛みと腫れに関しては最小限で済むのがメリットとなっています。

 

まぶたの内側から髪の毛より細い特殊な極細の糸で縫い付けるのが、埋没法であり本来は腫れぼったい目元をパッチリに見せるためのものでした。しかし、軽度のたるみであれば効果を得られるのでおススメします。まぶたにたるみが出来ると視界が狭くなり、まぶたをあげようとして額や眉間にシワが出来てしまうという悪循環が生まれます。この悪循環を生みださない為にも、埋没法でまぶたを上げてあげるのが予防策ではないでしょうか。

 

片目が10分程度で終えることが出来ますし、価格も両目で10万円前後。効果は3年から10年と言われているので、1回施術をしてしまえば当分の間は心配する必要はありません。ちなみに二重にしたいというのであれば、医師に相談して更に細かい打ち合わせが必要になるかと思います。